合宿免許と担当教官について

ひと昔前の教習所というと、教官は怖い人が多いことが多かったです。

実際に、年配の方の中には、そのような思い出を持っている方が多いようです。


合宿免許においては、教官の存在は通学以上に重要です。

通学の場合は様々な教官から教習を受けますが、合宿免許は一人の教官からずっと教習を受けることになるからです。もし、自分と合わないタイプの教官にあたったとしたら、合宿免許は苦痛の日々ということにもなりかねません。



しかし、最近は教官はずいぶん優しく、話しかけやすい人が多くなったと言われます。

この背後には、合宿免許に代表されるように、生徒が全国レベルで教習所を選ぶことができるようになったことによって、教習所も生徒の獲得競争が激しくなったことが挙げられます。
生徒を確保するためには、怖い教官が多いというイメージを持たれることはマイナスです。



そのため教官に対する教育が徹底されるようになり、生徒から慕われるような教官が多くなってきたということです。教習所の中には、女性の生徒獲得のために、すべての教官を女性にしているところもあります。

しかし、それでも相性の問題はあります。

共立自動車学校・日野について知りたいならこちらのサイトは便利です。

良い教官であっても、自分に合わないということはありえます。

もし、どうしても担当教官が気に入らない場合は、早めに教習所にその旨を伝え、可能なら教官を交換してもらっても良いと思います。

高額な費用を払っているのだから、ある程度の申し出は通る可能性があります。