合宿免許のカリキュラム変更と料金

合宿免許のカリキュラムというのは、自宅からドライビングスクールに直接登校しながら自動車運転免許の取得をめざす場合とくらべて、特に省略されているというわけではありません。それではなぜ合宿免許では早期の卒業が可能なのかといえば、ドライビングスクールの近くにあるホテルや宿舎などで寝泊まりをしながら、特に予約などもせずに、毎日にわたって学科教習や技能教習を受けられるという環境にあるといえます。


自宅からの登校であれば、かならず自宅とドライビングスクールとの間の往復の移動の時間が発生しますし、教習車にも台数の限度があるため、キャンセル待ちのような時間的なロスが多いものです。



こうしたものを極力省いて効率化したものが合宿免許ですので、カリキュラムそのものというよりも、時間のやりくりを工夫した結果といえるわけです。

そこで、オートマチック車のようにクラッチ操作やギアチェンジなどをともなうカリキュラムを受講した場合、初心者にはあまりにも操作がむずかしすぎて、合宿免許で本来定められている標準的な卒業日数を超えてしまう可能性があります。

この場合、ドライビングスクールに早めに相談をすれば、オートマチック車のカリキュラムへの途中変更が認められることがあります。



ただし、こうした途中での変更というのは、ドライビングスクールの過失ではなく、あくまでも本人のほうのつごうによるものですので、変更後の受講料金が安くなったとしても、その分の返金はされないことがほとんどであるといえます。

関東の合宿免許情報を集めているサイトです。