合宿免許の持ち物とは

合宿免許を受講する場合ですが、ドライビングスクールの敷地内にある合宿のための施設か、あるいは敷地外で近い場所にある民間のホテル、旅館、ウィークリーマンションに宿泊を続け、ここを拠点として、朝はドライビングスクールにマイクロバスなどで登校し、夕方にまた帰還して、その後は自由行動というのが一般的となっています。
普通車の運転免許を取得する合宿免許のコースであっても、最低でも2週間くらいは、こうした施設に泊まりがけとなりますので、持ち物についても、あらかじめ準備をおこたりなくしておいたほうがよいでしょう。



たとえば、学科教習や技能教習に備えて、ノートや鉛筆、消しゴムなどの筆記用具は必要ですし、運転操作がしやすい運動靴、服装などといったものも必要となってきます。

また、宿泊という部分に焦点を当てれば、現地での外出着、下着、寝間着などといった着替えは一式必要となってきますし、アメニティグッズがどれだけそろっているかしだいのところもありますが、シャンプーやリンス、歯ブラシ、ブラシ、ドライヤー、バスタオル、フェイスタオルなどといったものも必要となってくるものです。



ただし、現地にコインランドリーなどがあることがほとんどですので、着替えは合宿免許の日数分を用意するというのではなく、洗濯する場合の着回しができる程度の枚数だけあればよく、あとはある程度のお金が用意できればよいということになります。

一つ上の伊万里自動車学校の特徴を紹介するサイトです。

いずれにしても、あまりにも荷物が多すぎると移動がたいへんですので、お金があれば現地調達できるものと、そうではないものにわけて、過不足のないようにするとよいでしょう。